豊かな自然を五感で感じながら豆腐創作料理をお楽しみいただけるレストラン・ギフトショップ「永平寺 禅とうふの郷 幸家(さちや)」家

福井の観光案内

2018年03月12日  Category:福井の観光案内

養浩館庭園

JR福井駅から歩いて30分ぐらいのところに
「養浩館庭園」があります。養浩館は、福井藩主・松平家の別邸で、
江戸時代には、御泉水屋敷と呼ばれていました。
 
三代忠昌の時代に芝原上水を引きこみ泉水屋敷となり、
七代吉品の時代(元禄12年)に現在の規模の建造物群と
回遊式林泉庭園が完成しています。

外国人選ぶ日本庭園の上位常連です。
他のランキング入りした庭園と比べて大きくはないですが、
室内からの景色は絵画性があり、分かりやすい名園と思います。
園池は方形に近く、多くの入り江や出島によって変化が付けられ、
休憩用の清廉・7重の石造層搭・築山・岩島などが広い水面に
対してりっぽたい的な変化を与えており、見る物を楽しませて
暮れます。また、園地の遣水には県内最大の石橋が
架けられています。
 
毎年3月に地元宝永地区ボランティアの皆さん方でライトアップ事業が開催されています。
ライトに浮かび出る夜の庭園と、水面に映し出される幻想的な光の和。
遠路に並べられた数百の手作りあんどんの蝋燭は廃油からの手作りです。
 

館内では、ハープと二胡の生演奏も行われます。

この辺一帯は、福井城のゆかりの場所が多く残っており
隣には、福井市郷土歴史博物館もありこの界隈一帯を
憩いの場・交流の場として人々に親しまれています。

養浩館庭園 http://fukuisan.jp/ja/yokokan/index.html

福井市郷土歴史博物館 http://www.history.museum.city.fukui.fukui.jp/

Page TOP